野田商工会議所サイト内検索

 





◆「ものづくり補助金」(H29年度補正)の公募が開始されました 〆切H30/9/10

「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金(ものづくり補助金)」のH29年度補正分の公募が開始されました。

公募説明会(8/23(木)東葛テクノプラザ)が開催されます。

公募要領・申請書類などの詳細はこちらから!(千葉県中小企業団体中央会)

1.事業の目的
国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、経営力向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部を支援します。
※今回の2次公募より、一定の要件を満たす特定非営利活動法人を新たに申請対象としております。

2.補助対象要件
認定支援機関の全面バックアップを得た事業を行う中小企業・小規模事業者であり、以下の要件のいずれかに取り組むものであること。
・「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」で示された方法で行う革新的なサービスの創出・サービス提供プロセスの改善であり、3~5年で、「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること。
・「中小ものづくり高度化法」に基づく特定ものづくり基盤技術を活用した革新的な試作品開発・生産プロセスの改善を行い、3~5年で、「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること。(公募要領をご確認ください)

3.補助対象事業
企業間データ活用型(※1,2)
・補助上限額:1,000万円 ・補助率:2/3以内
一般型(※1,3,4,5)

・補助上限額:1,000万円 ・補助率:2/3以内
小規模型(設備投資のみ)(※1,5)
・補助上限額:500万円  ・補助率:2/3以内
*補助対象経費:機械装置費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウド利用費
※いずれの型の場合も設備投資が必要。

※1.生産性向上に資する専門家の活用がある場合は、補助上限額に30万円の増額が可能。
※2.連携体は幹事企業を含めて10者まで。1者あたり200万円が追加され、連携体参加者数を乗じて算出した額を上限に連携体内で配分が可能。
※3.生産性向上特別措置法(平成30年法律第25号)に基づき、固定資産税の特例率をゼロの措置をした市町村において、補助事業を実施する事業者が「先端設備等導入計画」の認定を取得した場合の補助率は3分の2以内。
※4.3~5年で、「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%に加え、「従業員一人当たりの付加価値額」(=「労働生産性」)年率3%を向上する中小企業等経営強化法に基づく経営革新計画を、平成29年12月22日の閣議決定後に新たに申請し承認を受けた場合の補助率は3分の2以内。
※5.複数の中小企業者等が連携体として申請を行うことが可能(「一般型」「小規模型」において共同申請として申請を行う場合は、連携体全体の補助上限額がそれぞれ1,000万円/500万円となります)。

※詳細については、公募要領をご参照ください。

公募締め切り:平成30年9月10日(月)消印有効。(電子申請は、9/11 15時)

申請書受付先・お問合せ先

千葉県地域事務局
千葉県中小企業団体中央会 工業連携支援部
住  所:〒260-0015 千葉市中央区富士見2-22-2 千葉中央駅前ビル6階
電話番号:043-225-8221 FAX:043-225-8226
お問い合わせ時間:平日8:00~12:00、13:00~17:00

※※先端設備導入計画(生産性特別措置法)に基づく設備の導入には、ものづくり補助金への審査加点があります。
野田市でも導入促進計画が策定されていますので、市の認定を受ければ加点対象となります。
(必ずしも採択されるという事ではありませんので、ご注意ください。)

 


Copylight(C)1997-2013 by The Noda Chamber of Commerce and Industry All right reserved